スマートフォン解析

*

Yongnuo製 YN560-TXで簡単に光量コントロール。

公開日: : 最終更新日:2014/11/23 Camera , ,

先日紹介したYongnuo製 YN560 IIIは、それ単独でも便利なストロボなのですが、より快適にするのがこちらのYN560-TX。

catwalk_RAW0094

YN560 IIIをワイアレスでコントロール

YN560 IIIとRF-603シリーズのワイアレスネットワークの中心にYN560-TXをすえることで発光量と照射角をワイアレスでコントロール出来るようになります。

catwalk_RAW0098

グループは6つまで作れます。

上段の4つ並んだ一番左のボタンをクリックするとA・B・Cグループが循環で切り替わり、長押しでD・E・Fグループに表示が変ります。
出力を変えたいグループを選びMODEボタンをクリックすると、マニュアル・マルチ発光・オフへと切り替わります。

光量のコントロールは基本YN560 IIIと同じ

マニュアル発光の場合真ん中下段の

  • 円形配列ボタン上をクリックすると+1/3段ずつ上がる
  • 円形配列ボタン下をクリックすると-1.3段ずつ下がる
  • 円形配列ボタン左をクリックすると-1段下がる
  • 円形配列ボタン右をクリックすると+1段上がる

ZOOMボタンをクリックすると液晶の表示が変わり、各チャンネルごとに円形配列ボタンの上か右をクリックすると照射角が狭くなり、円形配列ボタン下を左クリックするとと照射角が広くなります。(写真撮るの忘れた!)

catwalk_RAW0103

注意!買ってすぐには使えません。

それほど大げさなことではないのですが、コントロールを受ける側のYN560 IIIを登録する必要があります。そうじゃないと他人が勝手にいじれちゃいますからね。そんないたずらはちょっとゴメンです。

セッティングの手順

  • YN560 IIIとYN560-TX両方の電源を入れてチャンネルを合わせる。
  • YN560-TXの上段の4つ並んだ一番右と左隣のボタンを同時にクリック。
    (あいだにACTって書いてあります)
  • YN560 IIIが反応すると液晶の表示が全表示するはずです。
  • YN560 IIIの円形に配列されたボタンの真ん中をクリック。

catwalk_RAW0104

チャンネルの変え方

上の写真のように液晶にGrが表示されていれば成功です。YN560 IIIのグループは上段の4つ並んだ内側の2つのボタン(あいだにGRPと書いてあります)を同時にクリックすると液晶のGrが点滅します。

  • 円形配列ボタン上をクリックするとA→B→C→D→E→Fへ循環。
  • 円形配列ボタン下をクリックするとF→E→D→C→B→Aへ循環。
  • 円形配列ボタン左をクリックするとサブチャンネル?無印→1→2→3へ循環
  • 円形配列ボタン右をクリックするとサブチャンネル?3→2→1→無印へ循環

このサブチャンネル的なのはなんでしょう?拡張用の隠しコマンドみたいなもの?私が機能を見つけられないのでしょう。いずれにしてもここが違ってるとうまく作動しないのでご注意ください。

catwalk_RAW0112

やはり単三電池

高価だったり入手が比較的困難な電池だと困りますから単三電池なのはありがたい。管理する電池はなるべく安価で入手しやすい物で統一したいものです。

catwalk_RAW0108

RF-603シリーズでシャッターが切れます

カメラのホットシューに装着しレリーズ端子とケーブルで繋ぐとRF-603シリーズでシャッターが切れます。なんだこれ!資産を無駄にしない素晴らしい発想。
もちろん逆でも使えます。その場合はRF-603シリーズをカメラのホットシューに装着してケーブルを繋ぐ必要があります。
(いすれの場合もホットシューに装着しなければ発光しません)
カメラのファインダーを覗かずPCのモニターを見ながらシャッターを切り、YN560-TXを手元に置いて光量をコントロールが出来これもまた快適。


ちょっと前まではeBayで頼んだほうが安かったけどAmazonでもみるみる値段が下がりました。


キャノン用はこちら

追記しときます

これにも技適の問題はあります。法律を守るのは当然のこと。
カメラとは関係ないけど技適を厳格に適用すると海外から持ち込まれた携帯電話はほぼ全て使えません。つまり外国人旅行者が自国で使っているiPhoneを日本に持ち込んでも使ってはいけないわけです。それが日本で売っているiPhoneと全く同じ仕様であっても。(厳密に言えば日本とシンガポールで売っているiPhoneはカメラのシャッター音が消せないくらいしか違いはない)
カメラ関連に話を戻すとこの実状にそぐわない状況を国が放置しすぎて国内のストロボ関連メーカーの競争力がどんどん奪われてしまってます。
法律をなんとかして欲しいとは思うものの、技適を撤廃すればYongnuoをはじめ中華製品のシェアが今以上に増えるでしょうね。だけどそれもグローバリゼーションってやつです。技適の足かせがなくなった日本のメーカーの逆襲を期待しております。

関連記事

アルカスイス互換L型ブラケットにDesmondのCAB-1を組み合わせてケーブルを固定

デジタルカメラにUSBなりのケーブルを繋いで撮影をするのはとても便利なのですが、多用しているとカメラ

記事を読む

ニッコールタンブラーがやっと手に入った

ようやく手に入ったニッコールタンブラー 24-70 噂どおりの洒落っ気たっぷりな外箱で

記事を読む

ergのオフセンターボールヘッドは改造するとけっこう使いやすいかも

前々回のエントリーにて『憧れ続けた雲台 erg N75L』を書きました。実際に欲しかったのはN75L

記事を読む

いくつか持ってるアルカスイス互換のクランプ。お勧めはこの4つ。

いくつか持ってるアルカスイス互換のクランプですが1回まとめておきます。現実の知り合いカメラマンからも

記事を読む

NPCのProheadって雲台を知っていますか?

最初から謝らなければならないのですが、カメラのマウント部分にBENROのPC-1と言うパノラマク

記事を読む

こんな値段でストロボ作られたらありがたすぎます!Yongnuo製 YN560 III

オート発光も含めてカメラとの連動や信頼性で言えばメーカー純正のストロボ(スピードライト)を買

記事を読む

カメラを小さく動かすのにKIRKのLRP-1を間に挟むと便利よ

Manfrottoのギア付きジュニア雲台#410のエントリーでも少し書きましたが、KIRKのロングレ

記事を読む

SUNWAYFOTOの商品を組み合わせて作ったブームレールがあまりにも秀逸と自画自賛中

20〜30cmくらい三脚からカメラを突き出したい時ってありませんか?先日そんな撮影があったんで最近気

記事を読む

カメラを縦位置で構える時はKIRKのQRLB-Sってのを使ってるよ

前回のエントリーでLブラケットには興味がなかったと書いた理由と言うのがこの汎用の縦位置ブラケットを持

記事を読む

Manfrotto#410にKIRK LRP-1の組み合わせが最強すぎ!

シビアなアングルを決めるのにあると便利なのがギアで作動する雲台。いくつかある選択肢の中で最も安価なの

記事を読む

Dorothy Little Happy Tシャツ 色々

[metaslider id=6834] [metaslider

2人のDorothy Little Happy「STEPONE GIRLS LIVE 2015 vol.11」Tシャツ まりVer.

2015年5月19日マウントレーニアホール渋谷でおこなわれた「ST

Dorothy Little Happy 5th Anniversaries Towel

Specifications マテリアル:コッ

アイドルネッサンス ロゴタオル2nd Ver.

2015年5月18日に『AKIBAカルチャーズ劇場』でおこなわ

Xiaomi(シャオミ)のインイヤーヘッドホンこそSony XPERIAユーザーに最適なイヤホン(ただしアスタライト*は除く)

以前Sony XPERIA Z 2やUltra ユーザーさん、こんなイ

→もっと見る

  • name:sage。
    ややこしいのですが2chでの下げ進行のsageではなくセージグリーンのsageですので読みは『セージ』です。

    work:仕事は都内某所でカメラマンをしてます。
    ちなみにフリーではなく会社員でいわゆる「社カメ」です。

    アメカジ・ファッションが好きで服の詳細な部分を写真中心に紹介するブログを始めたのですが、最近はアイドルグッズやアウトドア系の服なんかも混ざってきております。これはこれで需要があるようなので続けます。笑

  • まだデータがありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑