スマートフォン解析

*

こんな値段でストロボ作られたらありがたすぎます!Yongnuo製 YN560 III

公開日: : 最終更新日:2014/10/16 Camera , ,

catwalk_RAW0083

オート発光も含めてカメラとの連動や信頼性で言えばメーカー純正のストロボ(スピードライト)を買うべきだし当然私も持っています。だけど割と高価なんですよね。私にとっておいそれと何台も買える値段じゃない。だからマニュアル発光でもいいから複数台欲しいカメラマンにはとてもありがたい。

恐ろしいほどに性能とコストを突き詰めた!

簡単に言えばこのストロボは飛ぶだけ。なにも考えてくれません。これがありそうで無かった。ってか思いつかなかった。これぞ凄い発想力です。厳密に言えば30年くらい昔のストロボはそうでしたよ。だれど20年以上も前からこの手の商品は少しは何かを感じ取り考えて光の量をコントロールして発光してくれてました。だけどなかなか正しい光量にならないんです。そもそも正しい光量ってなに?ってところから考えると話がややこしくなるんですが、まぁ大多数のカメラマンがこんなもんだろうと思える露出での発光ってことです。

catwalk_RAW0085

シンプルなだけじゃなく、扱いやすさが重要

Yongnuoが凄いのはこのストロボでは、その答えがあるようでない泥沼に入ってしまうオート発光機能ってヤツを捨ててマニュアル発光だけにしたこと。そして光量のコントロールパネルとスイッチを極限までに分かりやすいデザインにした。
オート機能をつけるとインターフェースが複雑になりマニュアル操作がしにくくなるんだよね。そしてあの余計な計算尺がないのも良い。
Yongnuoの商品って取扱説明書が英語と中国語でしか書いていません。ざっと調べただけですけど懇切丁寧に解説したサイトやブログもないんじゃないかな?それでも比較的簡単に使えます(とは言え若干の戸惑いはありますけどね)。だけどものすごい数が日本で売れています。

catwalk_RAW0101

基本的なマニュアル発光のパネル

真ん中下段の

  • 円形配列ボタン上をクリックすると+1/3段ずつ上がる
  • 円形配列ボタン下をクリックすると-1.3段ずつ下がる
  • 円形配列ボタン左をクリックすると-1段下がる
  • 円形配列ボタン右をクリックすると+1段上がる

右上のZOOMボタンを押すごとに照射角が狭くなります。

catwalk_RAW0103

ラジオスレーブと連動するんですよ!

昨日書いたYongnuoのRF-603やRF-603IIと連動して発光します。これってシャレにならないレベルの話です。便利に決まってます。過去どれだけ複数のスピードライトを連動させるのに苦労したか。
上段に4つ並んだ丸いボタンの右から2番目を押して、液晶パネル右上の2番目が表示されるモードに切り替えるとラジオスレーブ連動モードになります。
次に右上2つのボタンを同時に押せばchが点滅し、円形配列ボタンの左と右のクリックでアップダウンするのでRF-603と同じ番号に設定すれば同調発光します。
これを今までやってなかった会社は反省したほうがいいと思う。ってかほとんどのメーカーが並ぶ間もなくかわされたな。

catwalk_RAW0088

電池はいたってシンプルな単三電池

電池は単三4本でチャージスピードはそこそこです。当然ながら1.2Vの充電池も使えます。YONGNUOの製品って新品時の電池ケースに必ず小さいシリカゲルが入ってるんですよ。今ではもう慣れたけど最初はビックリした(笑)。

catwalk_RAW0087

やらかしてると言えなくもないけどさ

外観をキャノンのスピードライト580EXになんとなく似せて作ってるからでしょうか、外部電源もキャノンのが使えます(笑)。チャージスピードが早くなって発光回数が増えますが、本体に4本、外部に6本の計10本必要ですので、充電池をご使用なら急速タイプをオススメしますね。
ちなみに噂ですが安全回路が入っていないみたい。通常スピードライトってある程度の連続発光でストップするんですけど、これはひょっとしたら壊れるまで光るかも?某社のマシンガンよりも多く発光したなんて話もチラホラ(未確認)

catwalk_RAW0090

拡散板と反射板もついてます

TTLオートとかの機能がついていればもっと役に立つんでしょうけど、マニュアルストロボに拡散板と反射板はおまけみたいなモノと言えなくもないかな。個人的には拡散板のあいだにカラーフィルターを挟むことが多いけどね。LeeとかRoscoの見本帳がちょうど良い大きさなんで重宝します。

↑ 安過ぎますよね(笑)照明って1灯だけで撮影出来るのはたかが知れています。自然と2〜3灯は欲しくなる。

  • 本体のサイズが小さい。
  • 鞄から出してすぐに使える。
  • 狭いところや物や人物の陰に隠しやすい大きさ。
  • AC電源がいらない。
  • ラジオスレーブで同調させられる。

褒めても褒め足りないくらい素晴らしい。最近ではポピュラーな機材になりつつありスタッフも扱い慣れてきました。撮影予算の下落圧力は留まるところを知りません。掛けられる時間もスタッフの人数も削られる一方です。だから低価格で高品質な機材はありがたく、それがまさか中国の会社からもたらされるとは思いもよりませんでしたよ。

ついでにオススメの充電機。バカっ速ですよ。ただし本体もACアダプタもデカい。そして充電中はファンがうるさい!でも撮影が出来なくなるよりはマシでしょ?

関連記事

伝説のニコンようかんもいっとかんとね。

ニコンようかん 昔から噂で存在は知っていたんですよ。元々はニコンさんに来られたお客様へのお

記事を読む

Manfrotto#410にKIRK LRP-1の組み合わせが最強すぎ!

シビアなアングルを決めるのにあると便利なのがギアで作動する雲台。いくつかある選択肢の中で最も安価なの

記事を読む

アルカスイス互換のプレートってKIRKが良いけどSUNWAYFOTOも悪くはないよ

私のメインカメラNikon D800のみで比較しております。他の1眼レフのプレートはわからないのです

記事を読む

SUNWAYFOTOの商品を組み合わせて作ったブームレールがあまりにも秀逸と自画自賛中

20〜30cmくらい三脚からカメラを突き出したい時ってありませんか?先日そんな撮影があったんで最近気

記事を読む

ergのオフセンターボールヘッドは改造するとけっこう使いやすいかも

前々回のエントリーにて『憧れ続けた雲台 erg N75L』を書きました。実際に欲しかったのはN75L

記事を読む

Yongnuo製 YN560-TXで簡単に光量コントロール。

先日紹介したYongnuo製 YN560 IIIは、それ単独でも便利なストロボなのですが、より快適に

記事を読む

KIRKのD800用L型ブラケットBL-D800はスタジオ専用じゃないかな?

実のところさほど興味がなかったアルカスイス互換のLブラケットでしたが、立ち寄ったカメラ屋さんにて中古

記事を読む

夢のようなラジオスレーブが中国からもたらされるなんてYONGNUO RF-603 IIやるじゃん!

服やらアイドルやらのことをチョロチョロ書いておりますが私の本業はカメラマンなので今回もカメラ機材のお

記事を読む

憧れ続けた雲台 erg N75L

雲台選びに答えなど無い! のっけから仰々しい書き出しですみません…。 とは言えちょこっとはヒ

記事を読む

NPCのProheadって雲台を知っていますか?

最初から謝らなければならないのですが、カメラのマウント部分にBENROのPC-1と言うパノラマク

記事を読む

Dorothy Little Happy Tシャツ 色々

[metaslider id=6834] [metaslider

2人のDorothy Little Happy「STEPONE GIRLS LIVE 2015 vol.11」Tシャツ まりVer.

2015年5月19日マウントレーニアホール渋谷でおこなわれた「ST

Dorothy Little Happy 5th Anniversaries Towel

Specifications マテリアル:コッ

アイドルネッサンス ロゴタオル2nd Ver.

2015年5月18日に『AKIBAカルチャーズ劇場』でおこなわ

Xiaomi(シャオミ)のインイヤーヘッドホンこそSony XPERIAユーザーに最適なイヤホン(ただしアスタライト*は除く)

以前Sony XPERIA Z 2やUltra ユーザーさん、こんなイ

→もっと見る

  • name:sage。
    ややこしいのですが2chでの下げ進行のsageではなくセージグリーンのsageですので読みは『セージ』です。

    work:仕事は都内某所でカメラマンをしてます。
    ちなみにフリーではなく会社員でいわゆる「社カメ」です。

    アメカジ・ファッションが好きで服の詳細な部分を写真中心に紹介するブログを始めたのですが、最近はアイドルグッズやアウトドア系の服なんかも混ざってきております。これはこれで需要があるようなので続けます。笑

  • まだデータがありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑