スマートフォン解析

*

アルカスイス互換のプレートってKIRKが良いけどSUNWAYFOTOも悪くはないよ

公開日: : 最終更新日:2014/12/05 Camera , , ,

私のメインカメラNikon D800のみで比較しております。他の1眼レフのプレートはわからないのです参考程度にお読みください。ちなみにKIRKとよく比較されるRRS(Really Right Stuff)は持っていません。だけど見て触ったことくらいはあります。おそらくですがプレートで一番良いのはRRSじゃないですか?
私の場合は最初に買ったのがKIRKでした。そうそう同じカメラ専用のプレートを複数買いませんからね。私はD800が手元に2台あるからプレートが2つある。
これはそういうエントリーです(笑)

KIRK PZ-146

kirk_PZ-146_01

まずはKIRKのPZ-146
これを買うまではマンフロットの410PLつまり#410のプレートを使ってました。だけどアレって#410のエントリーのところでも書きましたがブレるんですよ。それにカメラを手持ちで使うときプレートが大きいから邪魔なんですよね。こういったアルカスイス互換の専用設計プレートを知るまででクイッシューってのはそんな物でしょ?そう思ってました。
その昔使ってたリンホフのクイックフィックス2より410PLの方がなにかとマシだった。けれど今でもパチッてハマるクイックシューならリンホフのが1番良いと思います。付け外しの精度や安定感は高い。でも手持ち撮影の時は痛いのと出っ張り部分があるからカメラバッグのあちこちに引っかかるのが難点かな

kirk_PZ-146_02

汎用はアルカスイス互換規格でもコルクやゴム等の緩衝剤が付いてます。アルカスイス規格プレートの本当のメリットってカメラ専用の形になっているタイプ。シビアな話だけどコレを使うようになってカメラとの間の緩衝剤がブレを生み出していたんだと気づかされました。向かって左側にだけついているネジは縦位置に構えている時うっかり緩めても落下させない為のものです。もちろん付け外しはインチの六角レンチ。

kirk_PZ-146_03

それから最初にこのプレートを見たとき感動したのが三脚に取り付ける小ネジの穴が空いているところ。リンホフのクイックフィックスで数回痛い目にあってますからねぇ。カメラに付けっぱなしで持っていってクランプ(ベース)側も六角レンチも持っていなくて借りた雲台を使えない。そんなトラブルからはもうおさらば。
それってただの鈍臭い人やん!って話なんですけど人間どこか抜けているもんです。マンフロットの410PLも大小のネジ穴があるけど端っこ過ぎるんですよね。もちろんないよりはマシなんですけど…。

kirk_PZ-146_04

これだけ小さくてフィットしてれば普段から付けっぱなしで問題ありません。手持ちでも手は痛くならないしカメラバッグの中で引っかかることもありません。ストラップをつけたことはないけど便利に使っている人もいるんでしょう。私には想像がつきませんが。

SUNWAYFOTO PN-D800

SUNWAYFOTO_PN-D800_01

次はSUNWAYFOTO PN-D800。
どうしても必要ってこともなかったんだけどSUNWAYFOTOのクランプをいくつか持ってまして、それなりにいいからプレートもよいのかと思い買ってみました。やはり悪くはないです。(なんと言っても安い!)

SUNWAYFOTO_PN-D800_02

これまた#410のエントリーのところでも書きましたがKIRKは六角レンチがインチ規格でSUNWAYFOTOはミリ規格です。だけどカメラ取り付け六角だけは同じもので大丈夫です。そしてSUNWAYFOTOはコインでも脱着出来るのがエラい。プレート自体がカメラの形にあっているからコインの締め付けトルクでも問題なく留まるし。いざ外したい場合に安心でしょ。ただしブレ云々言うのなら六角レンチでガチ締めした方がもちろんいいですけど。

SUNWAYFOTO_PN-D800_03

ちなみにSUNWAYFOTOのカメラ用ネジをKIRKに付けるのは可能ですがコインで回すだけのクリアランスがないから意味はありません。
それから最初で書いたKIRKよりRRSのほうがいいと思う理由の1つはエマージェンシーで三脚に取り付ける穴の位置がレンズの中心にあるところです。SUNWAYFOTOはちゃんとレンズ中心軸に付いています。ほんのちょっとしたことなんですけど気持ちの上で大事なんですよ。とは言え緊急時だけだから。

SUNWAYFOTO_PN-D800_04

SUNWAYFOTOのカメラプレートもサイズとフィット感は悪くないです。こちらも手持ちで撮影する場合でも問題ありません。ただしSUNWAYFOTOの製品すべてに言えるのですが表面処理が安っぽい。でもまぁお値段は半分以下だから当たり前だけど。でもSUNWAYFOTOって商品改善するスピードが早いからそのうち気にならないレベルに到達する可能性が高いかもしれません。勢いのある若い会社ってワクワクしますよ。例え中国の会社であっても。

比較

KIRK PZ-146

  • 材質:アルミ合金製。ネジ類はステンレス製。
  • 重量:約42g
  • プレート幅:約63.5mm(ストラップリング部含まず)
  • 奥行き:約56.5mm
  • カメラ取り付け面までの高さ:約9.5mm

SUNWAYFOTO PN-D800

  • 材質:アルミ合金製。ネジ類はステンレス製。
  • 重量:約38g
  • プレート幅:幅60mm
  • 奥行き:約55mm
  • カメラ取り付け面までの高さ:約13mm

PZ-147&PN-D800_01

もともとアルカスイスは4×5や8×10のビューカメラメーカーで、自社製カメラのレール形状に合わせた専用設計の雲台も作ってました。その名残で今もアルカスイス純正の雲台のクランプには幅違い2種類の溝があるんです。あの狭い方はただ真っすぐなタイプもしくは真ん中で折れるタイプのレールが直につけられる幅で、テレスコピックレールってのが上下2段になっててさらに上段が前後2分割して望遠レンズにも対応するタイプがありそれを装着するのは幅の広い方。そのままビューカメラを乗っけられる便利な雲台だったんだけど、そのままだと他社製のカメラを乗せられない逆に不便な雲台でもあるので汎用のプレートが当時から用意されていました。その後このプレート幅に着眼した色々なメーカーがアルカスイスと互換性を持たせ更なる進化を加えたプレートやクランプを出すようになり今に至るわけです。

PZ-147&PN-D800_02

だから規格としてちゃんと制定してるわけでもないんでしょうね。何となくアルカスイスのカメラや雲台に装着出来る形状になってますよってだけで。
この写真でも明らかにわかるレベルでしょ?KIRKとSUNWAYFOTOは1ミリくらい違います。KIRKにたいしてSUNWAYFOTOは幅が広くて尖った部分の角度が鋭い。これだけ違えば互換性がなくなったりするんですよねぇ。
私の環境ではKIRKのプレートは全てのクランプで使えるけど、SUNWAYFOTOはBENROのPC-1に使えません。締まりきらなくてスカスカです。こういうところは駄目だよねぇ。買って使ってみるまで分からないから。

KIRK PZ-147(MB-D12)

KIRK PZ-147

  • 材質:アルミ合金製。ネジ類はステンレス製。
  • 重量:約57g
  • プレート幅:約70mm(ストラップリング部含まず)
  • 奥行き:約56.5mm
  • カメラ取り付け面までの高さ:約10mm
  • kirk_PZ-147_01

    ついでってわけでもありませんが、KIRKのPZ-147。
    バッテリーグリップMB-D12用です。これがなかなか秀逸なプレートでして、D800は本体のバッテリーだけでもそれなりに保つんですけどそれでもやはり交換となると面倒くさい。なので本体はACを繋いでMB-D12にだけバッテリーを入れて仕事をすることが多いのですよ。そうしておけばセットチェンジでACを抜いてもファインダーが暗くなったりしないから。

    kirk_PZ-147_02

    だから急に手持ちでちょこっとだけアングル探すとかってときにも便利だったりします。だけど残念なことにMB-D12をつけるとわずかにですがブレやすくなるんです。本体とのジョイントでも多少発生するけどやはりMB-D12そのものの作り込みがD800ほどではないからなのかな。でもZ-147で雲台と固定すると不思議とブレが減ります。やはり専用の形状に合わせて作ることは大切なんですね。

    kirk_PZ-147_03

    シンプルなんだけどかなり有効なアルカスイス互換のカメラ専用プレートはオススメです。どっちがいいかと聞かれればKIRKと答えますけどSUNWAYFOTOもかなりいいです。相性がちょっと微妙だけど環境はそれぞれなので参考になれば幸いです。

関連記事

ニッコールタンブラーがやっと手に入った

ようやく手に入ったニッコールタンブラー 24-70 噂どおりの洒落っ気たっぷりな外箱で

記事を読む

こんな値段でストロボ作られたらありがたすぎます!Yongnuo製 YN560 III

オート発光も含めてカメラとの連動や信頼性で言えばメーカー純正のストロボ(スピードライト)を買

記事を読む

KIRKのBH-3が中型クラスとしてはかなり良い雲台。だけどちょっと惜しい…

雲台って本当に決めてがない。どれも一長一短あるのでたくさん持っているからといって便利になるわけでもな

記事を読む

カメラを小さく動かすのにKIRKのLRP-1を間に挟むと便利よ

Manfrottoのギア付きジュニア雲台#410のエントリーでも少し書きましたが、KIRKのロングレ

記事を読む

NPCのProheadって雲台を知っていますか?

最初から謝らなければならないのですが、カメラのマウント部分にBENROのPC-1と言うパノラマク

記事を読む

いくつか持ってるアルカスイス互換のクランプ。お勧めはこの4つ。

いくつか持ってるアルカスイス互換のクランプですが1回まとめておきます。現実の知り合いカメラマンからも

記事を読む

ergのオフセンターボールヘッドは改造するとけっこう使いやすいかも

前々回のエントリーにて『憧れ続けた雲台 erg N75L』を書きました。実際に欲しかったのはN75L

記事を読む

SUNWAYFOTOの商品を組み合わせて作ったブームレールがあまりにも秀逸と自画自賛中

20〜30cmくらい三脚からカメラを突き出したい時ってありませんか?先日そんな撮影があったんで最近気

記事を読む

レフ版は中華製で良いです。ってかもう他に選択肢はないっしょ!

そもそもレフ板は消耗品ですので定期的に買い替えるモノ 以前から使っていた銀と白の一般的なレフ板

記事を読む

アルカスイス互換L型ブラケットにDesmondのCAB-1を組み合わせてケーブルを固定

デジタルカメラにUSBなりのケーブルを繋いで撮影をするのはとても便利なのですが、多用しているとカメラ

記事を読む

Dorothy Little Happy Tシャツ 色々

[metaslider id=6834] [metaslider

2人のDorothy Little Happy「STEPONE GIRLS LIVE 2015 vol.11」Tシャツ まりVer.

2015年5月19日マウントレーニアホール渋谷でおこなわれた「ST

Dorothy Little Happy 5th Anniversaries Towel

Specifications マテリアル:コッ

アイドルネッサンス ロゴタオル2nd Ver.

2015年5月18日に『AKIBAカルチャーズ劇場』でおこなわ

Xiaomi(シャオミ)のインイヤーヘッドホンこそSony XPERIAユーザーに最適なイヤホン(ただしアスタライト*は除く)

以前Sony XPERIA Z 2やUltra ユーザーさん、こんなイ

→もっと見る

  • name:sage。
    ややこしいのですが2chでの下げ進行のsageではなくセージグリーンのsageですので読みは『セージ』です。

    work:仕事は都内某所でカメラマンをしてます。
    ちなみにフリーではなく会社員でいわゆる「社カメ」です。

    アメカジ・ファッションが好きで服の詳細な部分を写真中心に紹介するブログを始めたのですが、最近はアイドルグッズやアウトドア系の服なんかも混ざってきております。これはこれで需要があるようなので続けます。笑

  • まだデータがありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑