スマートフォン解析

*

憧れ続けた雲台 erg N75L

公開日: : 最終更新日:2014/12/05 Camera , ,

erg_N75L_01

雲台選びに答えなど無い!

のっけから仰々しい書き出しですみません…。
とは言えちょこっとはヒントがあります。

  • 滑らかな作動。
  • 締めたときはピタッと留まる。
  • 小さくて軽い。

当たり前と言えばそうなんですけど、なかなか出来ないんでしょうね。現実にそんな雲台めったにありません。そんな中10年以上前からその存在は知っていたけれど、あまりにも高価で手が出なかった孤高の雲台『erg(エルグ)』。
開発設計者である富所氏(故人)からの依頼により株式会社松栄工機(現在は株式会社プロスパイン)さんが2003年4月より2008年4月までの5年間に製作された雲台の一つがこの『erg N75L』。今年2014年より再販され以前よりお求めやすい価格になりました。けれども雲台としてはやはり高額な部類に入りますね。
こちらで注文を受けてますが納期は1〜2ヶ月くらいかかるそうです。

私は再販が発表される少し前にたまたま中古で見かけて衝動的に買いました。
俺も出世したなぁ〜、って気分で(笑)

erg_N75L_02

高い精密加工技術が生み出す滑らかな作動

熟練の旋盤技術者の仕事ってこんなにも凄いのかと感動しました。
驚くほど滑らかに動きます。他の3D雲台とは明らかに別次元の作動感。
しかもコレは10年くらい前の中古品ですからね。
パン棒やロック部分のナット形状等で推測すると最初期型じゃないかな?おそらく現在販売されているP-N75Lはもっとよくなっていると思われます。

erg_N75L_03

ピタッと留まるディスクロックシステム

通常の3D雲台はパン棒を締めるさいに部材を引き寄せる物が多く、その構造からどうしてもカメラのフレームがクッと傾いたりしがちなのですがerg N75Lはまったくしません。確かにディスクロックを採用していなくてもフレームが動かない雲台もあります。けれどN75Lほど滑らかな作動感を併せ持った雲台はそう多くはありません。

erg_N75L_04

小さくて軽いってのは正直微妙ではあります

このN75Lは現在のカメラ機材に対してオーバースペックなんですよ。元々は4×5以上の大判カメラや300mm f2.8より大きくて重い望遠レンズ等を対象にした雲台なんです。だから自重700gもあるけど耐荷重は30kgです。
銀塩カメラの時代ではなくなりましたのでN75ALPでいいんです。そちらでも耐荷重は15kgもあるから必要にして十分。
だけど両方を持っていて使ってるわけではないから実際のところはわからない。手に馴染む大きさの好みってのがありますので。

erg_N75L_05

主観的な意見ですのでご参考までに

この15年くらいでカメラと周辺の機材は大きく変りました。ひとつは先ほども書きましたが銀塩カメラを使うカメラマンが相当数減りました。4×5や8×10クラスの雲台としてはかなり小さく軽い雲台として重宝していたけれどその需要が今ではほとんどありません。
それから望遠レンズ用の雲台としては一頃よりウィンバリーをはじめとしたジンバル雲台のムーブメントが起こり、ここ数年はビデオ用の雲台を転用するのが主流になりつつあります。

別に無用の長物に成り下がったと言いたいわけではないですよ。
珍しいからファッションで使うみたいな話でもありません。

私は主に物撮りをするカメラマンなんですけど丸一日、時には数日かけてカメラが動いて欲しくない場合が頻繁にあります。一つの被写体の細々した部分をライティングを変えて合成用を撮るんです。6000×8000ピクセルとかのシビアな状況で。

この要求に応えられる雲台はもちろん他にもあります。だけど固定に至るまでのフレーミングの快適さを兼ね備えた雲台となるとそうは多くはありません。

かなりニッチな需要ですが計測用カメラの雲台としても最適かと。

erg_N75L_06
ちなみに前オーナーさんが小ネジを無くしたのか、買った時から太ネジしか付いてませんでした(笑)。まぁいいんですけどね。どうせアルカスイス規格のプレートしか使わないから。

erg_N75L_07
アルカ規格の話は別のエントリーで詳しく書きますけど私はブレるのが大嫌い。
(好きなカメラマンは少ないだろうけど)

erg_N75L_08
マクロレールを間に入れるとバランスが良くなってフレームがさらに決めやすくなります。

erg_N75L_09
それと前後左右に小さく調整出来るからなにかと便利だったりもします。

erg_N75L_010
だいたい、いつもはこんな感じで使ってます。

erg_N75L_011
ergってパン棒がないので独特な癖があり苦手なカメラマンもいるでしょうね。

でも唯一無二な雲台ですから機会があったら手に取ってみて欲しいです。

Specifications

  • サイズ:高さ119.8mm*前後110.5mm*左右95.9mm
  • 自重:700g
  • 耐荷重:30kg

関連記事

夢のようなラジオスレーブが中国からもたらされるなんてYONGNUO RF-603 IIやるじゃん!

服やらアイドルやらのことをチョロチョロ書いておりますが私の本業はカメラマンなので今回もカメラ機材のお

記事を読む

NPCのProheadって雲台を知っていますか?

最初から謝らなければならないのですが、カメラのマウント部分にBENROのPC-1と言うパノラマク

記事を読む

KIRKのD800用L型ブラケットBL-D800はスタジオ専用じゃないかな?

実のところさほど興味がなかったアルカスイス互換のLブラケットでしたが、立ち寄ったカメラ屋さんにて中古

記事を読む

アルカスイス互換L型ブラケットにDesmondのCAB-1を組み合わせてケーブルを固定

デジタルカメラにUSBなりのケーブルを繋いで撮影をするのはとても便利なのですが、多用しているとカメラ

記事を読む

SUNWAYFOTOの商品を組み合わせて作ったブームレールがあまりにも秀逸と自画自賛中

20〜30cmくらい三脚からカメラを突き出したい時ってありませんか?先日そんな撮影があったんで最近気

記事を読む

カメラを縦位置で構える時はKIRKのQRLB-Sってのを使ってるよ

前回のエントリーでLブラケットには興味がなかったと書いた理由と言うのがこの汎用の縦位置ブラケットを持

記事を読む

こんな値段でストロボ作られたらありがたすぎます!Yongnuo製 YN560 III

オート発光も含めてカメラとの連動や信頼性で言えばメーカー純正のストロボ(スピードライト)を買

記事を読む

Yongnuo製 YN560-TXで簡単に光量コントロール。

先日紹介したYongnuo製 YN560 IIIは、それ単独でも便利なストロボなのですが、より快適に

記事を読む

ergのオフセンターボールヘッドは改造するとけっこう使いやすいかも

前々回のエントリーにて『憧れ続けた雲台 erg N75L』を書きました。実際に欲しかったのはN75L

記事を読む

アルカスイス互換のプレートってKIRKが良いけどSUNWAYFOTOも悪くはないよ

私のメインカメラNikon D800のみで比較しております。他の1眼レフのプレートはわからないのです

記事を読む

Dorothy Little Happy Tシャツ 色々

[metaslider id=6834] [metaslider

2人のDorothy Little Happy「STEPONE GIRLS LIVE 2015 vol.11」Tシャツ まりVer.

2015年5月19日マウントレーニアホール渋谷でおこなわれた「ST

Dorothy Little Happy 5th Anniversaries Towel

Specifications マテリアル:コッ

アイドルネッサンス ロゴタオル2nd Ver.

2015年5月18日に『AKIBAカルチャーズ劇場』でおこなわ

Xiaomi(シャオミ)のインイヤーヘッドホンこそSony XPERIAユーザーに最適なイヤホン(ただしアスタライト*は除く)

以前Sony XPERIA Z 2やUltra ユーザーさん、こんなイ

→もっと見る

  • name:sage。
    ややこしいのですが2chでの下げ進行のsageではなくセージグリーンのsageですので読みは『セージ』です。

    work:仕事は都内某所でカメラマンをしてます。
    ちなみにフリーではなく会社員でいわゆる「社カメ」です。

    アメカジ・ファッションが好きで服の詳細な部分を写真中心に紹介するブログを始めたのですが、最近はアイドルグッズやアウトドア系の服なんかも混ざってきております。これはこれで需要があるようなので続けます。笑

  • まだデータがありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑